2014年9月5日金曜日

終わったこと


  • 祖母の葬式の時に、飛んできた母の友人は二人だった。
    一人は大学時代の同級生、もう一人は私が幼稚園に行っていたときからのいわゆるママ友。
    同級生はいつものように軽い調子で悪口を言いながらお通夜から火葬場までずっと着いてきた。
    ママ友は私の顔を見て「あなたがしっかりするのよ」と言って、泣いた。
    あれは、祖母のためでめもなく、私のためでもなく、母のために飛んできて悪口を言い、泣いたのだ。
    その時から、誰でも一生のうちで出来る本当の友達というのは多分、二人くらいなんじゃないかと思っている。
  • 叶姉妹の妹・美香さんをとても尊敬している。
    この間美香さんの著書をネットで注文して読んでみたのだけど、案の定優しそうな顔をして相当なバイタリティ溢れるやり手ウーマンだった。
    もう一人心から尊敬しているのが元内閣総理大臣秘書官・現内閣官房参与である飯島勲氏である。
    二人の共通点はまず見た目からして只者ではないということと、もう一点、気遣い、気配り、根回し、そういういわゆるマネジメント能力が神がかっているということだ。
    私は出来るだけ人に気配りの出来る人間でありたいと思っている。
    そしてそれが善意から出てくるものなら最高だと思っている。
    優しい気持ちで他人について配慮出来るのは、この世で一番幸せなことだ。
    そんなことが出来るのは自分自身に余裕のある証拠だ。
    26歳の時、小さいころから同居していた祖母を亡くし、3ヶ月後に、3歳の時から会っていない実の父親の訃報を受けた。
    祖母の死は純粋に悲しかった(悲しすぎて、1年ほど経たないと涙も出なかった)し、父親についてはやはり複雑な思いを抱えながら生きて来たので、突然の知らせに今まで受けたことのないようなショックを受けた。
    そしてそれから半年。母が大腸がんで入院した。
    この時、恐らく、まだ若い当時の私が耐えうる極限まで精神的に追い詰められ、今まで感じたことのない邪悪な感情に包まれた。
    穏やかに暮らす周りの人間が本気で憎かった。
    娘に連れられて大腸ポリープを取る簡単な手術をしている知らないおばさんを見て、この人が代わりに死ねば良かった、何で私の家族ばかり深刻な病気にならねばならないのだと思った。
    楽しそうに暮らす友人の様子を窺い知ると、不幸になれと願った。
    そういう気持ちになったのは生まれて初めてだったので、今でも生々しく覚えている。
    恥ずかしい状態だが、あの時の自分を恥ずかしいとは思わない。恐らく人間とはそういうものだ。
    いや、わからないけど。とにかく、私に関してはその程度には性格が卑しかった。
    だからその時、強く思った。
    人に優しい気持ちでいられるのは何より幸せなことであると。
    だから、私からは、上の二人は、とてもとても幸せな人のように見える。
    もちろん私には私なりの器があるのでそんな大したことは出来ないと思うけど、余裕がある限り、出来るだけいろんなことや人に気を回したいと思っている。
  • 上に書いた出来事について、改めて、自分はこういうことがあっても平気だったのだなあ、とぼんやり思う。
    それは、幼いころから一緒に暮らす家族がポロポロ欠けて行ったから、とか上のことがあったから、とかではなく、多分、元々の性格なのだ。
    ごく幼い頃から自分の実家については仮住まいみたいな気持ちというか「でも、みんな私より早く死ぬし」というようなことを思っていたし、実際大体死んだ。(ちなみに母親は手術を受け、全快し、元気に生きてます)
    自分の居場所がどこかにあるのかもしれない、とかそういうことも思わない。
    結婚してからもそれは変わらない。
    夫や今の家が自分の居場所だとは思わない。
    というか、自分より早く無くなる可能性のあるものを、居場所だとは思えない。
    でも、最近気付いたのだけど夫は違う。何か拠り所が必要なタイプなのだ。
    自分がそういうことを思わないから全然気付かなかったけど、この人は私を必要としている。
    なんていうか電流が走った。そして燃えた。
    必ずやこの人を看取るぞ、あと生きてる間は幸せに暮らすぞと。
    そして同時に、自分は、逆に、誰かに必要とされないと生きて行けないタイプなのだとも気付いた。
    女は元々そういう人が多いのかも。母は強しというのはきっとそういうことだ。
    今まで誰かと一緒にいて、必要とされたことも必要としたこともあったと思うけど、多分、あの人たちにとって、私は、私じゃなくても良かった。
    でも、何故か、夫については、変人だからかもしれないけど、私じゃなきゃ誰がこの人の傍にいられるんだ、私がいなくなったらこの人はどうなってしまうんだ、と本気で思う。
    そしてそんなことを私に対して思ってくれる人は、彼しかいないのだ。多分。
    夫には見つけてくれてありがとうと、あなたがいるから私は強く生きて行けますと心から思っている。

    母は強し、であるとするならば、女の愛には責任が伴うに違いない。
  • 色々書いたけど、今は結婚や引っ越しで環境が変わり、他人だった人と一緒に生きるようになって初めて認識出来る自分の低レベルさというものをひしひし感じながら、生きている。
    それにより、変わったところもたくさんある。
    もう、若くして誰かを失うことで新しくわかることも、成長することも、ないと思う。

2014年6月19日木曜日

本名

結婚して苗字が伊藤から大山になった。
結婚して良かったことの一つは名前の筆記が信じられないくらい楽になったことだ。
総画数を調べたらおよそ半分になっていた。

大体、伊藤とか加藤とか、藤の付く苗字は非常に筆記が面倒くさい。
(多分、一番面倒なのは新旧字体のバリエーション含め斉藤だと思う)
それに比べて、大山はなんて楽なんだろう。
小学校一年生で習う漢字で全てが構成されている上に、シンメトリー。
サイン代わりのシャチハタ印を探すより、最初からサインを書いてしまった方が圧倒的に楽。

伊藤の文字は画数が多い上にバランスが取り辛く、
28年間四苦八苦し続けたが、結局上手く書けるようにはなれなかった。
そこへ来て思いがけず大山である。
バランスもなにも、大と書いて山と書けばそれで終わりなのだ。
この解放感はちょっと筆舌に尽くしがたい。
伊藤から大山になってみないことにはきっとわからない。

一人ひっそりとこの解放感を楽しみ続け、およそ半年が経った先週、
仕事か何かの電話だったろうか、口頭で名前の確認を求められる機会があった。
伊藤という苗字は大変一般的であるものの、口頭で説明するのが微妙に煩わしい。
「伊賀忍者の伊に藤原道長の藤で伊藤です」ではわかりにくすぎるので
「にんべんの伊、にフジの花の藤、で伊藤です」という場合が多いが、いまいちスッキリしない。
このあたりに関しても今までもやもやしながら生きてきたのだが、先週は先方から

「オオヤマさまの漢字は、大きな山、と書いて大山でよろしいですか?」

と確認された。
なんて分かりやすい説明で済む苗字をしているんだ私は。
そして改めて説明されてみると、なんて単純な苗字なんだ。
なんだか急に恥ずかしくなり、小声で「はい…」と返事をした。
大山と言う苗字とは正反対のスケール感の発声であった。

2014年6月13日金曜日

※ネタバレ有り

はじめましての人ははじめまして。
お久しぶりの人はお久しぶりです。
ヨウコです。
まあ色々あって結婚し、その後結婚式も挙げました。
結婚なんて単に人生の通過点だろうと思って
特に盛り上がることもなく事を進めようとしていたのですが、
結婚というのは私が想像していた以上に人生の一大事であり、
一大事と言うからにはとにかく忙しいのです。
顔合わせ、食事会、引っ越し、親族への挨拶、挙式準備、
に加えて今まで他人だった人と家族として一緒に暮らさねばならない(当たり前だけど)。
入籍と同時に同居を開始してから結婚式を迎えるまでは、
ここ数年で一番心に余裕のない半年間でした。
既婚者の友人知人に聞いてみれば、
結婚前と言うのはとにかく一般的に余裕のなくなるものだそうで。
マリッジブルーというのも、往々にしてその物理的・精神的忙しさから来るとのことでした。

「辛い時は長くは続かないからさ~」という友人の言葉に励まされながら、
いよいよ結婚式を迎える2日前。
なんとなく、映画のネット配信サービスのオススメに表示されていた「アルマゲドン」を観たのです。
有名な映画ですが、観たことはありますか?
私はその時初めて観ました。

(以下、あらすじ)
石油採掘現場で優秀なリーダーとして働くブルース・ウィルス。
ある日、自分の娘と部下がデキていることが発覚し、激怒するブルース・ウィルス。
絶対に許さん。絶対に許さんぞ。
しかしいくらブルース・ウィルスが怒ろうと、二人の愛が醒めることはなかった。
将来を約束する二人。
丁度その時、地球にはテキサス州に匹敵する大きさの小惑星が接近。
18日後、激突すれば人類は滅亡するらしい。
政府は小惑星に穴を開け、中で爆弾を爆発させることにより小惑星の軌道を変えようと試みる。
その任務にブルース・ウィルスがまさかの大抜擢。
娘の恋人含む石油採掘現場の男たちを連れ、宇宙に旅立つことになる。
すったもんだあったものの、奇跡的に全員無事の状態で採掘に成功。
だが、最後の最後で誰か一人が宇宙に残り、
手動で爆弾のスイッチを押さなければならないことが判明する。
クジ引きでスイッチ役になってしまう娘の恋人。
覚悟を決めた顔で一人小惑星に残り、
スイッチを押そうとする娘の恋人を無理やりシャトルに押しこみ、
ブルース・ウィルスはこう言うのだ。
「お前は自慢の娘婿だ―――」
かくしてブルース・ウィルスは自らを犠牲にし、地球は助かった。
平和を取り戻した地球で、ブルース・ウィルスの娘と恋人はめでたく結婚式を挙げたのだった。
(あらすじ、以上)

大変すぎる。
結婚するの、いくらなんでも大変過ぎる。
ブルース・ウィルスの娘とその婿は、ここまでのプロセスを経ないと結婚出来なかったのか。
アルマゲドンを観たことで自分の生きる狭い世界でぶつぶつ文句を言っていた今までの自分を
地球規模で見つめ直すきっかけになり、
非常に清々しい気持ちで結婚式を挙げることができました。
ありがとう、ブルース・ウィルス。
相模湾沿いの神社で挙げたのですが、
五月に見えるとニュースになるくらい珍しいという富士山までクッキリ見えて、最高でした。
これも、全てブルース・ウィルスが自らを犠牲にして
テキサス大の小惑星から地球を救ってくれたおかげです。
地球爆発したら富士山も爆発してなくなるもんね。

長くなりましたが、これを本ブログにおける結婚のご報告とさせて頂きます。
報告と言いつつ大半がアルマゲドンのあらすじなのに
わざわざここまでお読み頂きありがとうございました。
それでは、また。